まこごころ

メンタルヘルスと趣味と日常のブログ。

後悔なんてなんの役にも立たない

こんばんは、蒔心でございます。

あのですねー、えーとですねー、とってもとってもイケナイことやらかしてしまいました。

火曜日の夜に遡ります。
日記を書き終えて、Tさんにお手紙書こう〜っと便箋ケース取り出して、お手紙カキカキしておりました。
一通り書き終えて夜11頃。

まだまだ眠くないな〜くそう!ってな訳で新しいBluetoothヘッドホンを試してみようと運命交差点を聴いたりしておりました。

そこまでははっきり覚えてるんです。

その後の記憶はふにゃふにゃです。

覚えてることは全く死にたいとかそういった気持はなかったってこと。
なのに取り憑かれたように飲まなきゃ!飲まなきゃ!お薬〜!といてもたってもいられなくなったこと。

次に気づいたときにはレキソタンロゼレムその他もろもろ何十錠も100錠近かったかも)ゴクゴク飲み干したあとでした。
空のお薬のシートを見つめながら「ど、どうしよう、、、」

あいにくパトラッシュは夜勤でいません。
この量は寝てれば大丈夫なのか、病院へいくべきなのか、判断がつきませんでした。

そういえばそんな相談が出来る番号があったはずだと検索して、「救急相談センター」に電話をかけました。

コレコレでソレソレで100錠近く飲んだっぽいのです」と申告すると、即座に救急車の電話に切り替えますとのこと。
話してる間もだんだんアタマがぼんやりとしていきます。

その後救急隊員と話して「すぐに向かいます」ということで、救急車がやってきました。


ほんとほんとごめんなさい〜純粋に具合悪くて必要としてる方がいらっしゃるっていうのにこんな自業自得なことできて頂いてちゃってほんとごめんなさい〜

とグルグル考えてました。

フラフラしながら乗り込んで、名前に電話番号に身内の連絡先や普段通院しているクリニックの名前やら色々聞かれて「なんで飲んじゃったの?」とも勿論聞かれて「そ、それが分からないんです〜ボーっとしてたことしか覚えてないんです〜」と。

そのうちとんでもない吐き気に襲われてきました。
スミマセン、吐きそうです〜」と言って、袋を当ててもらってオロロロロ
上手く袋に吐けなくて着ていたTシャツにもべっとり、、あああああ。
夕方食べたカレーと多分薬も多少は吐いたんじゃないでしょうか。

十代の頃に同じような理由で搬送された医療センターに今回も搬送されました。
「久しぶりだね」なんて言われちゃいました、ほんとごめんなさい、、。

そっからは色々検査検査されたのですが、意識がひょろひょろだったのでなんの検査だったのかは思い出せません。

検査を終えて、薬の成分を薄める点滴されて、救命病棟に入りました。
薬で眠くて眠くてスーピー眠っていたら、起こされました。
医療センターの精神科の先生がいらしたとのこと。

なんの病気でクリニックに通ってるの
どうして飲んじゃったの
などなど聞かれましたが意識が朦朧としていたのでちゃんと答えられたか自信がありません、、。

そのあと、先生が去って、わたしは本格的に眠りに着きました

次の日、水曜日はほとんど覚えていません
きっとグースカ眠りこけていたのでしょう。
食事の時間になると起こされて、しっかり完食していたのと、母が来ていたような気がすることだけ覚えています。

目が覚めたのは水曜日の夜でした。

消灯時間過ぎてるのにお目目ぱっちり。
救命病棟はスマホ禁止なのでベッドに腰掛けてボーっとしていたら、看護師さんが「空いてる部屋で雑誌でも読む?」と提案して下さって、持ってきてくれた雑誌をパラパラ。
時々手が空いた看護師さんが雑談に付き合ってくださったりもしました、感謝。

午前1時過ぎたくらいにベッドに戻りました。
でも眠れない〜とウダウダして1時間くらい経ってやっとこさ眠りました。

そして目覚める。
時計を見るとなんとまだ午前3時でした。
1時間しか寝てないじゃないかーい。

昼間散々眠っていたので仕方ないんですけどね。

それからはベッドでゴロゴロウダウダ。
時々起き上がって座ってボーっとしたりしておりました。

やっとこさ起床時間がやってきて病棟内がザワザワ動き始めました。

まずは薬がちゃんと抜けてるか採血
案の定わたしの腕は血管が見つからなくて看護師さん奮闘。
結局手の甲から採血しました、、い、痛いっ!

それからまたしばらくゴロゴロしていたら朝食が運ばれて来たのでモグモグ。
なにもかけていない白米が苦手なのでほとんど残してしまいました(苦笑)

それからしばらくして主治医の先生がやってきて、採血の結果も問題ないので今日退院しましょうとのこと。
自分勝手な理由で入院に至ったくせにいざ退院となると内心小躍りです。

母に連絡取ってもらって、待機。

母がやってきて、クリニックの紹介状やらを受け取って会計済ませて帰宅しました。

今回は急な入院だったので、今日の会計は預け金の入金だけで、後日改めて金額確定したら支払いにいくそうです。
いったい幾らになるのか恐ろしい限りですが自業自得です(泣)

母に車で自宅へ送ってもらい、片付けをしていたら、パトラッシュが帰ってきました。

実は今回のことパトラッシュにちゃんと伝えられてなかったんです。
パトラッシュの夜勤中に起きたことだったし、病院ではスマホ禁止でしたから。
救急搬送されるまえにわたしはどーやらフラフラしながら「これから病院行ってくる」とメールをしていたそうです、

深夜12時に、何事かって感じですよね。

それで朝パトラッシュが夜勤から帰宅してみれば、わたしのPCには「救急相談センター」のページが表示されてるわ、薬の空のシートは大量に落ちてるわで、大体のことは把握していたそうですが、、。

ほんと心配おかけして申し訳ないの一言です。
母にもほんと迷惑かけました。
救急隊員や病院スタッフの方々も優しくしてくれたけど、申し訳ない気持ち。

二度とやらない!と誓いたいけれど、飲んだその時をよく覚えていない以上いざその時にその誓いを思い出せるか不安不安

今もまだすこーしお薬が残ってるみたいでフワフワします。
あと胃がとっても痛いです。
自業自得なので耐えますよ、ふう。

 

ではではこのへんで。

さようなら〜。

 

 

よろしければランキング・ソーシャルシェア応援ポチッとよろしくお願いします。