まこごころ

メンタルヘルスと趣味と日常のブログ。

ひたすら音楽について語る会 その①〜ヴィジュアル系編〜

f:id:macomilog:20190723122535p:plain

タイトルの通り、この連載では蒔心の好きな音楽についてひたすら語ります(笑)

 

その①はヴィジュアル系、いわゆるV系ってジャンルについて。

注)この連載全てを通して基本iTunesの視聴ツールを使っていきますが、ないもの(特にヴィジュアル系はないものが多い)はyoutubeのリンクで代用していきます。

 

Janne Da Arc

蒔心のヴィジュアル系との出会いは中学生の時です。

ひょんなことからJanne Da Arcを知り、ちょうど発売したばかりだった「JOKER」を購入しました。

衝撃を受けました。

まさに未知のジャンル。

 

MDに落としてMDウォークマンでひたすら聴いてました。

(MDって懐かしいわね)

 

それから中学生でお金はなかったので、中古で過去のアルバムを買いあさりました。

やはりMDに落としてMDウォークマンで暇さえあれば聴いていました。

また、父におねだりして「Dearly」のライブDVDを買って貰い、毎日見てました。

 

ジャンヌはもうどの曲がいちばんとかなくて、曲、演奏、メンバー、ひっくるめて全部全部大好きだったのですが、敢えて挙げるなら「Labyrinth」は衝撃的でしたね。

ここまでオープンエロティックな曲は初めてで、中学生のわたしはドキドキしながら聴いていました。

曲調も好みで大好きでした。

 

 「Dearly」ライブの「Labyrinth」の映像です。

 

ジャンヌは長いこと活動休止状態だったのでライブに行ったことがなかったわたしは「いつか復活したら絶対ライブ行く!どこでも行く!」と思ってたんですが、先日解散してしまいましたね、、。

 

 

シド

これも中学生の時、ネットでヴィジュアル系のサイトを見ていたら、「シド」というバンド名が目にとまったのです。

海外のシド・バレットシド・ヴィシャスを知っていたので「シド」という単語に反応したんだと思います。

早速聴いてみました。

どハマりしました。(笑)

 

最近はめっきり追わなくなってしまったのですが、メジャー行って2、3作目くらいまではかかさずアルバムを購入してました。

ライブにも2度参戦。

 

謡曲とロックを織り交ぜたような独特な世界観で、ボーカルのマオの書く言葉遊びも楽しく、とっても素敵な音楽です。

 

「センチメンタルマキアート」というアルバムは名盤です。

 

捨て曲は一切ありません。

シドで何を聴いたら良いかと聴かれたら真っ先にこのアルバムを挙げるでしょう。 

他にも勿論たくさん素敵な曲があります。

挙げきれないので1曲だけ紹介。

 

「星の都」に収録されている「Sweet?」です。

Sweet?

Sweet?

  • シド
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

曲調も歌詞も素敵です。

あとこのPVのマオメイクが可愛くて、家で真似っ子したりしてました(笑)

 

 

 

 

 

さてさてここからは現在追っているバンドの話をします。

 

摩天楼オペラ

ヴィジュアル系メタルバンドです。

club摩天楼(FC)にも加入していて、ツアーの東京公演にはほぼ足を運んでいます。

 

摩天楼オペラとの出会いは、どこかのライブで貰ったフライヤーの中に摩天楼オペラのものがあって、なんとなく気になって、しばらくフライヤーを取ってあって、さて、聴いてみたらどハマりしました。

 

それがちょうどメジャデビューした時のミニアルバム「Abyss」のもので、じきにメジャーデビュー初のフルアルバム「Justice」が発売され、全国ツアーがあったので、ひとりでドキドキ参戦しました。

はい、ズドーン。

ハートを射抜かれました(笑)

 

まず、ボーカルの苑さんの歌声がどストライク。

ロングトーンハイトーンも綺麗で、でも低音もしっかり出てて、とにかくカッコイイ。

あと、単純に苑さんが格好良すぎて恋に落ちた(笑)

それからキーボードが居る編成のバンドが好きなので、そこも良いポイント。

そのキーボードの彩雨さんの演奏がまた良い。

ショルダーキーボードで弾く姿もカッコイイ。

(彩雨さんはどっちかっていうと可愛い系ですが)

それからベースの燿さんの主張の強いベースプレイも圧巻です。

ベースがベンベンしっかり鳴ってる音楽、好きです。

 

その後、ギターとドラムのメンバーチェンジを経て、今も素晴らしい音源とライブを届けてくれてます。

 

合唱をテーマに掲げた曲がいくつもあり、観客も一緒になって歌うのですが、これが楽しいです。

 

その代表曲が「GLORIA」

GLORIA

GLORIA

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

因みにわたしが一番好きな曲は「濡らした唇でキスをして」という曲です。

濡らした唇でキスをして

濡らした唇でキスをして

  • provided courtesy of iTunes

 

わたしエロティックな曲が好きなのかなー(笑)

 

 

 

己龍

和製ホラー痛絶ノスタルジックをコンセプトに掲げた和風ヴィジュアル系バンドです。

(コレだけ聴くとなんじゃそれ?って感じですよね 笑)

 

友人に進められて、聴いて、ハマり、その友人とツアーの東京公演にはたびたび参戦しています。

 

うねうねぐにゃぐにゃ落ち着かない曲調が癖になります。

あとライブがめっちゃ楽しいです。

結構な長い時間でもあっという間に過ぎていきます。

そして眞弥さんの歌う姿がカッコイイ!!

 

初めての方で聴きやすい曲ならこれかな?

「悦ト鬱」

悦ト鬱

悦ト鬱

  • 己龍
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

わたしが一番好きな曲はこちらです。

「アカイミハジケタ」

アカイミハジケタ

アカイミハジケタ

  • 己龍
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 こういう癖のある曲、好きなんですよね〜。

 

 

 

 

 

以下、音源だけ聴いてるバンドたち。

 

R指定

メンヘラなら好きになる(笑)そんなバンドです。

音源だけ、と言いましたがかなり前に1度だけライブにも参戦したことがあります。

でも随分前のことなので音源だけのほうに分類させて頂きます。

 

どんな曲を作るのかはこの曲を聴いて頂ければ分かるかと。

「病ンデル彼女」

病ンデル彼女

病ンデル彼女

  • provided courtesy of iTunes

 

ね、メンヘラさんが好きそうでしょ。(笑)

でもね、曲の中に救いも散りばめられてるのがR指定の良いところです。

この曲も最後に「生きろー」って叫ぶんです。

聴くと、よし、まだ生きていける!って思います。

 

 

BugLug

こちらも音源のみのファンなのですが、面白い曲を書きます。

いずれライブに参戦してみたい!と目論んでおります。

数年前にボーカルの一聖さんが事故にあい、脳挫傷という大怪我をおったのですが、無事復帰して元気そうに活動しているのでほんとうに良かったです。

 

昔の曲も面白い曲が多くて好きなのですが、最近の曲はますます素敵です。

心に響く歌詞を書きます。

 

「V.S」

この曲はかなり共感できる部分があって、うんうんと頷きながら聴いてしまう曲。

 

それから一見ふざけてるようでとっても深いメッセージが込められていると感じるのがこの曲。

「猿」ライブバージョンです。

わたしも人間休憩しにライブに行きたい!

 

 

他にも紹介したい曲やバンドは山ほどあるのですが、キリがないのでこの辺で。

次回、その②ではヴィジュアル系以外の邦楽と洋楽について語ります。

 

では、その②に続く。

 

www.macogocoro.com

 

 

www.macogocoro.com

 

 

 

よろしければランキング・ソーシャルシェア応援ポチッとよろしくお願いします。

 

クリック⬇

にほんブログ村 音楽ブログ ヴィジュアル系へ
にほんブログ村

 


音楽ランキング